山からの眺望

浅間嶺 2015/12/1


浅間嶺に登りました(2015/12/1)。
浅間嶺から丹沢方向です。

日本山岳耐久レース(ハセツネラン)のコースを見るには最適の浅間嶺でした。


ハセツネランは五日市中学を出発し、写真の連行峰、生藤山を経由し、第一関門の浅間峠に至ります。

第一関門を通過した後、土俵岳、丸山(写真の右端)を通過します。

ちなみに、土俵岳の右側には雪の富士山がクッキリ!

w(゚o゚)w オオー!


(左の写真をクリックしてね。拡大します。)
さらに三頭山を経由し、第二関門の月夜見山(駐車場),惣岳山、御前山を通過。

ちなみに、写真中央の奥には、雲取山、飛龍山も見えました。

(左の写真をクリックしてね。拡大します。)
そして、大岳山を経由し、ここからは見えませんが御岳山の第三関門、金比羅山を通って、五日市会館にゴール。

たいへんな距離ですね。

(左の写真をクリックしてね。拡大します。)

以下、簡単な旅日記です。
本当は、明日、登る予定でしたが、あまりに天気が良いので、妻の提案で、急遽、今日(2015/12/1)、浅間嶺に登ることにしました。


 上川乗の有料駐車場が便利な場所にあります。ここからが一番近いです。
奥多摩登山詳細図には、この看板も掲載されてました。地図の詳しさにはビックリです。
最高地点ではないピークに立っております。

富士山も見えました。


さすが東京都。かなり立派な東屋ですね。
浅間神社の方のピークが最高地点です。
かわいい神社でした。
この裏手が最高地点みたい。
瀬音の湯に泊まります。人気のお宿です。

馬頭刈山へ続く尾根にあるのは、高明山だと思ってましたが、正解は光明山のようです。

近くの石舟橋は秋川渓谷の中でも、特に優れた景色とのこと。
なるほど!
 東京にこんな本格的な渓谷があるとは知りませんでした。

石舟橋は吊橋みたいですが、吊ってはいません。揺れないので、怖くありませんでした。
少し離れたコテージに泊まりました。
メゾネットタイプで、とってもお洒落。

目の前には、秋川渓谷の清流が広がってます。

w(゚o゚)w オオー!

会席料理が、見た目も綺麗でとっても美味。驚きました。
木の皮に包んで魚が焼いてありました。風味がGood!
アイデアが良いですな。
柚子の中は、牡蠣。これまた見事なお味!
朝ごはんもたっぷり。
お腹がいっぱいなので、ヨチヨチ歩きます。五日市駅前から金比羅山までが、遠く遠く、感じます。
ベンチがあるので、休憩。とてもハセツネランには参加できそうじゃありません。

(〒_〒)ウウウ
街の方向の眺望ですね。曇っていました。
 
「昨日のうちに浅間嶺に登っておいて良かった」
椿がたくさん咲いている場所もありました。

金比羅公園の展望台です。

琴平神社です。
琴平神社にも金比羅山の標識がありますが、ここは「違」との追記があり、実際、ここがピークではありません。
こっちが本当のピークなんですが、けっこう分り難い場所にありました。


(;^_^A アセアセ・・・



もちろん、眺望も全く無し!
バリルートもいろいろあるみたいで、小道が縦横に走っています。

 ちょっと歩いてみましたが、迷いそうなので、あえなく、退却。
山の見える場所もありましたが、何が何だか、、、、


(;^_^A アセアセ・・・






















inserted by FC2 system